1日3分でかっこいい腹筋を手に入れたいならアブローラーを活用せよ!

今回は前回の”腹筋を割るには”という話に付随してアブローラー活用術について話します。

前回の記事も合わせてご覧いただけるとより理解が深まると思います。

アブローラーとは

アブローラーとは画像のような腹筋を鍛える器具のことです。

アブ(ab)=腹筋、ローラー(roller)=円筒形の回転物

で、文字通り腹筋を鍛えるローラーということです。

腹筋コロコロとか言ったりもします。

こんな人におすすめ

アブローラーによるトレーニングはかなり負荷が高いです。

そのため、以下に当てはまる方におすすめです。

・時間をかけずに腹筋を鍛えたい

・クランチ(寝転がって起きたり寝たりするやつ)じゃ物足りない

・徹底的にボコボコな腹筋に仕上げたい

・自宅で鍛えたい

・費用を抑えたい

という方々におすすめです。

アブローラーのやり方

まず、フォームの話からですが

絶対に腰を反らないでください。

腰を反っても出来る人は出来るんですがこれをやり続けると確実に腰を痛めます。

また、よく腕や肩に効いてしまうという方がいますがこれは腹筋の力が使えていないためです。

やるときの目線はヘソを覗き込むようにして腰を丸めて腹筋の力で元の位置に戻ります。

それと腹圧をかけるというのも大事です。

腹圧はお腹を膨らませて腹筋に力を入れて固めるとかかります。

これも腰を痛めないためのテクニックです。

また、アブローラーのやり方は2種類あります。

膝コロ立ちコロです。

膝を着いて行うか、立った状態から行うかの違いです。

膝を着いて行う方が負荷は軽いため、初めてやる方は膝を着いてやりましょう。

膝コロが10回×3セットできるようになったら立ちコロに移行します。

また、立ちコロに移行したけどフルレンジでできないという場合は壁の前でやりましょう。

壁の前でやれば壁が受け止めてくれます(笑)

少しずつ壁からの距離を長くして最終的には壁なしでできるようにしましょう。

おすすめのアブローラー

おすすめのアブローラーはありません(笑)

基本的には値段とデザインで選んでもらっていいです。

小さいものは持ち運びが便利だったり、取っ手がスポンジ等巻いてあるものは手に優しかったりといろいろあります。


基本的に持ち運ぶことはないかと思いますが(笑)

あとはマンションやアパートで騒音が気になる方はラバータイプのものがおすすめです。


まとめ

ということでアブローラーについて話していきました。

やり方としては

・目線はヘソ、腹圧をかける

・フルレンジが厳しいときは壁の前で

おすすめのアブローラーは基本的には値段で決めて問題ないけど必要な性能を選んで購入してもらえればいいと思います。

最後になりますがアブローラーは費用対効果がかなり高い器具だと思います。

ほとんどの商品が2000円以下と筋トレ器具の中では安い器具ながら短時間で腹筋を追い込めるという点でかなり優秀です。

シックスパッドなんかは30000円前後するみたいですから(笑)

また、自宅で行えるかつスペースを取らないという点でも優れています。

1日1セットでも翌日筋肉痛がくるのでどんなに時間がない方でも1セットくらいできるはずなのでおすすめです(笑)

そんなこんなアブローラーの利点等を語ってまいりました。

腹筋はコンパウンド種目やってれば鍛えられると思ってる方が多いです。

しかし、かっこいい板チョコのような腹筋を手に入れようと思ったらそれだけでは不十分です。

あなたもこの機会にアブローラーを取り入れてかっこいい腹筋を手に入れましょう!

それでは。

Please follow and like us: